格安航空券はどこで買えばいいの?

標準

LCCはインターネットでの購入が一般的

現在の航空会社は、一般的な航空会社とLCCとに分けられます。一般的な航空会社は、単に人の移動のサービスだけでなく、移動に関わる付帯的なサービスもまとめて行います。航空料金にも含まれるので、それなりに高いと感じるかもしれません。LCCは、一般的な航空会社と異なり、移動のサービスに関わる料金のみで利用できるため、格安航空券の会社といわれます。一般的な航空会社で航空券を買うには、空港や各航空会社の営業所、旅行会社の窓口などに行く必要がありました。LCCはチケット購入のための窓口を持たないところもあります。インターネットでのみ購入ができるため、各航空会社のホームページにアクセスをして希望の便の予約をし、支払いをします。

窓口やインターネットなどで購入ができる

大手航空会社は、古くから会社を運営しています。今では当たり前になったインターネットやスマホがない時から運営をしています。これらの航空会社では、早割航空券といわれる格安航空券を販売しています。当日や前日などの搭乗日に近い日に購入するのではなく、数箇月前などに予約をするタイプです。価格は安いのに、機内のサービスなどは一般の航空券利用者とほぼ同様に利用できます。購入方法は、各航空会社の窓口であったり、旅行会社などで購入できます。もっと簡単なのがインターネットでの購入です。搭乗日の何日前から購入できるかが決まっているので、日にちを確かめながら購入できます。インターネットであれば手間がかからないので楽です。

最近よく耳にする言葉「格安航空券」。格安航空会社の飛行機の一番のメリットは、やはり価格が格段に安いことでしょう。しかし、他の飛行機の影響で遅れやすかったりするので、急いでいる際には注意が必要です。